近頃セルフカラー(自分で染めるカラー)にもいろいろありますね。大変便利なようです。

今回は

普段は美容室で染めていて、その合間にご自分で染める場合において危険が伴うカラーの話です。

普通に『白髪染め』や『オシャ染め』と言われるようなアルカリカラーや通常の『ヘアマニキュア』でしたら、心配はありません。

光で染まる白髪染めや○○昆布のヘアカラー が少しばかり問題が起きやすいんです。

成分表に『硝酸銀  AgNO3 』や『硫酸銀 Ag2SO4 』 の名前があったら注意して ください。
硝酸銀は光に反応して黒くなる性質があります。それを微量入れることで染まる仕組みだそうです。
この銀の成分がアルカリカラーの『アンモニア』と反応すると、『雷銀』という 物質に化学変化を起こしてしまい、髪の毛を緑色にしてしまったり、断毛させてしまうという恐ろしいことが起こって しまうそうです。

パーマもカラーもアルカリなので、いつも通り施術をしただけでそんな風になってしまうこともあり得ます。 もしお使いの方は銀の成分がなくなるまでは、リスクの少ない施術をオススメいたします。

※  アルカリカラーをしない方には、そんなに危険ではないかと思われます!

広告